カテゴリー別アーカイブ: 愛人

47歳既婚男性会社員の愛人との出会い

この春、4年間の単身赴任を終え、本社へ戻り、自宅での生活が再開されました。
子どもたちといっしょの生活ができるのはうれしいですが、心残りもあります。
それは、単身赴任中の「愛人たち」と別れなければならなかったこと。
そうです、私は単身赴任した地方で、愛人を持っていたのです。

妻と離れて生活することになれば、当然夜の過ごし方を考えなければなりません。
最初は風俗を利用していたのですが、私はそもそも風俗はあまり好きではないのです。
そこで、出会い系サイトに頼ることにしました。
私は出会い系サイト未経験でしたが、「親切な」友人が、転勤になるときにその情報を教えてくれたのです。

教えてもらったのは「ワクワクメール」、業界大手だというので、最初から安心して利用することができました。
私としては赴任期間中だけの、期間限定の関係を望んでいましたから、はっきり「愛人募集」をアピール。
そしてできるだけ若い娘を探すことにしました。
同世代などだと、心の関係もできてしまうかもしれません。
こちらにその気がなくても、向こうが「その気」になってしまっては困ります。
その点、若い女の子なら「おじさんとのお遊び」と割り切ってつきあってくれるでしょう。

最初に「愛人たち」と、書きました。
そうです。私がワクワクメールで出会い、愛人契約を結んだ女性は2人いました。
そのうちの1人は女子大生、もう1人はOLでした。
2人の愛人の「味」はまったくちがいます。
OLのほうは大人しく、恥ずかしがりや。
けれど、感じ方はものすごく、ちょっとした「潮吹き」まで見せてくれました。
今思い出しても興奮してしきます。
もう1人の女子大生のほうは、かなりはじけたタイプ。
セックスも積極的でなかなか熟練したフェラ技の持ち主です。
彼女との69は、これまでに経験したことがないほど、濃厚で気持ちのよいものでした。

気持ちよさだけなら女子大生に軍配があがります。
しかし、今、2人の愛人のことを思い返してみると、より興奮し、セックスの醍醐味を味わえたのは「潮吹きOL」の方でした。
いずれにしろ、なんともぜいたくな、単身赴任の夜の生活。
もう単身赴任のチャンスはないかもしれません。
それが少し、というより正直言ってかなり残念でならないのです。